バイク買取りの手続き、流れについて

いざ、買い取ってもらおうと思っても、手順が分からない!
そんな事のないように、買い取ってもらう時の流れをチェックしていきましょう。



① 査定を依頼する
査定はネットや電話で依頼することができます。電話の場合、業者によってはその場でバイクのメーカー名、排気量、車種名、走行距離等の情報を聞かれることもあるため、事前に情報のわかる書類などを準備しているとスムーズに進む場合もあります。またその場で概算の査定基準の金額を教えてくれる場合もあります。



② 必要書類の準備をする
出張査定であっても、持ち込みの査定であっても書類は必要になります。持ち込みの査定の場合は当日までに揃えて店舗に持って行きます。出張査定の場合は業者が来るまでに書類を用意できていないと、交渉が成立してもその日に売ることができない場合があるので注意が必要です。本人確認証と印鑑は共通して必須ですが、その他は排気量により必要な書類が異なります。
200cc超…車検証、自賠責保険納入証明書
125cc超~250cc以下…軽自動車届け出済証、自賠責保険納入証明書
125cc以下…標識交付書
以上が必要となります。



③ 査定
査定には指定した場所で査定する出張査定と、店舗に出向く店頭査定があります。店頭査定の場合は帰りの足がなくなってしまうため、帰宅手段を考えておく必要があります。業者によってはスタッフに車で自宅や最寄り駅まで送ってもらえる場合もあります。
大体の査定は10分~30分程度で査定金額がでます。



④ 金額の交渉
査定が終わると業者が査定金額を提示します。査定金額に納得することが出来れば買取り書類にサインし、契約となります。金額に納得がいかなかった場合査定の根拠を聞いたりするなどして、交渉することも可能です。状況や業者によってはその場で決めずに回答を持ち帰ることも可能ですし、売るのを止めることも出来ます。



⑤ 取引終了後
交渉が成立するとその場でバイクが持って行かれるため、写真等を残したい場合は事前に撮っておいた方が良いです。その場での現金支払いを行っている業者もいますが、基本的に査定金額は後日銀行振込みという形をとっている業者がほとんどです。2週間ほどで買取り業者が名義変更等の手続きの完了を意味する、名義変更完了のお知らせや廃車証のコピーが送られてきます。



以上がバイク買取りの大体の手続きの流れとなります。書類さえ用意してしまえば、思っていたよりも簡単に早く買取り手続きが完了します。