不動車・故障車・事故車のバイク買取りってしてもらえるの?

高く買い取ってもらいたいと思っても、事故や故障しているバイクだと売れるのか?
逆に、処分費がかかってしまうんじゃないか?
不安になってしまいますよね。

ということで、調べてみました!





・不動車
動かなくなってしまっているバイクは、バッテリー上がりや、キャブレターの目詰まりなど、メンテナンス不足の場合が多いです。
その場合はバイク買取り業者での修理費がほとんどかからないので、良好な状態のものとほとんど変わらない値段で買い取ってもらうことが可能です。動かなくなってしまっただけのバイクは自分で修理せずに、そのまま買取りに出してしまった方が得策です。


・故障車
故障してしまったバイクの場合ですが、自分で廃車処分をするとなると費用がかかってしまいます。しかし買取りであれば、たとえ買取りが不可能な場合であっても、無料で引き取ってもらえるため、買取りに出してしまった方が断然お得になります。事故車と違い、走行するうえで不便ではあるが、走行可能なものが故障車に分類されるため、事故車または不動車に比べると高値がつく可能性があります。軽度の故障などは買取り業者が中古パーツを使用して安く直せるため、良い買取り価格になることも多いです。しかし、重度の故障の場合は買取りが不可能になってしまうこともあります。
事故車と故障車は状態が似ていますが、であっても新車種であれば高額買い取りも期待できます。


・事故車
事故車の買取りの際重要視されるのが、エンジンが生きているか、フレームが歪んでいないか、価値の高いパーツがあるかどうかです。
通常の買取りであればエンジンがかからない理由を調べられないため、エンジンが死んでしまっていることが前提になってしまいますが、事故車の場合はエンジンがかからなくても、外傷がなければ使用できると評価してもらうことができます。外装の修理代金は高額になるため、修理せずに売却してしまうことも多いですが、フレームが生きていれば復活させられる可能性があるので、フレームが歪んでいるかどうかは重要なポイントとなります。
バイクは車よりもスクラップとしての価値は少ないですが、パーツとして車よりも売りやすいです。カスタムパーツは中古であっても高額で売買される見込みがあり、純正部品も高額で売れる見込みが多いです。


このように問題のあるバイクであっても、値段をつけて買い取られるケースも多く、また値段がつかなくても無料で引き取ってもらうことが可能です。